Speakers.

​Message

欠損を伴う成人歯科疾患患者の多くは病的に歯牙移動(Pathological Tooth Migration)を起こしています。また欠損に至る問題点の原因が歯牙の位置、角度異常であるならば、それらを単に補綴処置のみで解決してもいずれ生物学的な不調和による代償を払うことになるでしょう。言い換えれば病的に移動した歯牙を本来の位置に戻し(Regenerative treatment)、さらに理想的な位置に配置できれば(Improvement treatment)、後処置の予知性は格段に向上します。本セミナーでは部分矯正のセオリーを先生方の臨床に取り入れるために、講義・実習形式で一般臨床医の視点から解説いたします。

長野県

川崎歯科・矯正歯科医院

川崎 宏一郎 先生

日本大学歯学部卒業
歯学博士(歯科矯正学専攻)
日本矯正歯科学会 認定医

日本顎咬合学会
スタディグループ赤坂会
東京SJCD、OSI東京

川崎宏一郎

東京都

AI DENTAL OFFICE

伝法 昌広 先生

日本大学松戸歯学部卒業
日本矯正歯科学会 認定医
日本成人矯正歯科学会 認定医

​日本舌側矯正歯科学会 常務理事 認定医

World society of lingual orthodontics
(世界舌側矯正歯科学会) active member

日本口蓋裂学会 会員
東京SJCD 会員

伝法昌広